fc2ブログ

記事一覧

再度公園で消防訓練

2月5日(火)、公園管理者の神戸市森林整備事務所と合同で、初めての消防訓練を実施しました。炭焼き小屋奥の “ツリーハウス付近から出火した”と の想定。
< 森学 > 第一発見者から森学に通報 → 消火器とトランシーバーを携帯し、現場状況の確認 → 事務所に通報とトランシーバーを持込み  
<事務所> 森学からの連絡を受け、各職員に周知 → 119番通報 → 消火器を持って、現場に急行 → 園内放送で、公園利用者に火災発生を知らせる → 出火場所に近づかないよう、付近の警備 → 駐車場入口付近で消防車を出迎える → 消防車を出火場所に誘導 → 消火
の流れで行いました。森学からは12名の参加者で、現場の状況を想定しながら、それぞれで消火器を持ち込む等の行動でした。終了後、各自から「消火の実践が必要」 ・「 バケツリレーをしては⁉」 ・ 「ハイカーを誘導する 」・ 「現場に近づかないよう、テープで規制線を張る」等の意見が出ました。今後、半年毎に実施予定で、今回の経験を活かしつつ、続けます。
消火器を持って駆け付け
消火しています
訓練を終えて 意見を
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

morinogakko

Author:morinogakko
明治時代初期にはハゲ山だった六甲山。1902年に緑化が始まりました。それから100年後、2002年の緑化百周年を機に始まった「こうべ森の学校」は、市民ボランティアのメンバーが労力を提供、必要な資金は企業CSRで伊藤ハム(株)が提供、活動の森林は神戸市が市有林を提供。